トップ > TRIAL > ホイール > ハブ - フロント > ノンディスク 28H > CLEAN - X3 ND
Brand Index > CLEAN TRIALS 2.0 > Wheel > Hub > CLEAN - X3 ND
ホイール > Fハブ > Trial > ノンディスク > CLEAN - X3 ND
TRIAL > ホイール > ハブ - フロント > スルーアクスル > CLEAN - X3 ND

CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND
CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND
CLEAN - X3 ND CLEAN - X3 ND
拡大画像

CLEAN - X3 ND

タイプ[Type]:ND ノンディスク
穴数[Hole]:28H

12mmスルーアクスル(シャフト付属)

重量[Weight]:77g(ボルト等含) / 26g(ボルト等無)
--------------------------------------------------------------------
完組ホイールでのご購入をご希望の場合は、合わせて【ホイール組】をご注文ください。
--------------------------------------------------------------------
商品コード : cl41iX3R
価格 : 15,900円(税込)
L2-5
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
CLEAN TRIALS 2.0が、カーボン製フレームのバイク【K1.2】に合わせて開発したのが、こちらのハブ【X3】。

CLEANの創始者であるアベル・ムスティエレスは無類の軽量マニアだったのですが、CLEANブランドの立ち上げ⇒製品開発を進めながら選手としても経験を重ねる中で、「少々軽いより、ガッシリしてる方が良い!」という事をリアルに体感⇒自身の経験を製品造りに活かしてます。

ハブに軽さを求めるなら、従来方式の『M6ボルト固定』の方が圧倒的に有利。スルーアクスルだとシャフトが2重になるし、シャフト自体も太いので、どうしたって重量がかさんでしまうので、10年前のアベルだったら、スルーアクスルのハブを使おうとは思わなかったでしょう。
それも、細目の9mmでは無くてあえて12mmのシャフトを使ってまで…。


少々の重量増を覚悟の上でスルーアクスルを使用する理由はガッシリ感。
シャフト自体が太くなるというだけでなく、「太いシャフトでフロントフォークの左右のエンド部分をガッシリと固定する」ことで、フォークのブレードが左右バラバラに動くのを抑制⇒ガッシリしたフィーリングが得られるし、フォークの強度&耐久性も向上します。


CLEANのフロントフォークは、ブラケットの交換によって「スルーアクスル」と従来の「M6ボルト固定」のどちらにも対応できる様にデザインされてます。
軽さを求めるならボルト固定がオススメだけど、単純に軽さを求める前に、まずはスルーアクスルで乗ってみてほしいと思います。



 

  • ☆こちらのハブの様に、極端にフランジを小さくデザインしたハブは、ホイールを組むとフランジが引っ張られて、ベアリングの固定が甘くなる傾向が強いです。
    ポコっと手でベアリングが外れてしまう場合は、少量のボンドやコーキング剤で固定する事をお薦めします。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面・モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。