トップ > TRIAL > ステアリング > ハンドルバー > Carbon > ECHO - カーボン ハイライザー
Brand Index > ECHO > Steering > Handle Bar > ECHO - カーボン ハイライザー
ステアリング > ハンドルバー > Carbon > ECHO - カーボン ハイライザー
TRIAL > ステアリング > ハンドルバー > ライズ高め > ECHO - カーボン ハイライザー

ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー
ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー
ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー ECHO - カーボン ハイライザー
ECHO - カーボン ハイライザー
拡大画像

ECHO - カーボン ハイライザー

クランプ径[Clamp]:31.8φ
幅[Width]:720mm | ライズ[Rise]:75mm

重量[Weight]:228g


商品コード : ec21fCBN
価格 : 23,800円(税込)
L2-5
数量
 

23800

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
フレームはどこまでいっても『しなやかさ』を追及するなど、独自の信念をもって製品を開発するECHOですが、ライディングの進化やライダーの要望にあわせた製品開発にも余念がありません。

2017年に登場のこのハンドルバー、流行というか、世相を反映したライズ高めのデザインというだけでなく、もはや「前倒し専用」という雰囲気のデザインです。

もちろん「極端な前倒しにしないと使えない…」という事では無いですよ。
曲げ方向はかなり後方を向いているので、「標準的なセッティング(=ハンドルバーの曲がりの方向がスタンディング時の腕のラインと平行になる)」にセットするにも、少々前倒し気味にで取り付ける必要あり。必然的にハンドル位置が遠く=体を動かすスペースが広く…というセッティングになります。

やや前倒し気味のセッティング&ライズが高めのデザインのおかげで、「前輪を障害物の上に置いて、上体をハンドルバーに被せて…」という時に、身体がもう一段階深く被せられます。
しっかりと体が被って抑えがきくとか、身体の動くスペースが数cmでもかせげるというのは、「ここ一発!」のアクションにおける大きなメリットになるのは確実だと思います。


そして、極端な前倒しセッティングにした時の曲げ角度もまた絶妙。
極端に前倒しのセッティングにしてもハンドルバーの先端がほとんど前方を向かないので、身体への負担をかけずに乗れる様にと配慮してます。
そもそも、「新しいハンドルバーについて意見をくれ」とECHO社から聞かれた時に「前倒しがキモチ良い様にこういうデザインが良かろう」とGDRからアドバイスしたデザイン。テストサンプルは寺井一希が使ってますが、なかなか好調な様です。


ステムのクランプ部分には回り止めのザラザラ加工を施したり、クイっとハンドルバーがライズする箇所は、断面形状を○真円でなく四角形に近いデザインにしてたわみを抑えたりと、細部の作りこみも良好。

「ライズ高めのハンドルバーで乗りたい!」というライダーさんはもちろん、極端な前倒しセッティングを愛用&もしくはこれから前倒ししてみたいライダーさんには特にオススメの一本です。

 
  • ☆軽量の代償として、強度・耐久性に劣るという事をご理解ください。
    ☆カーボンは傷に弱く、小さな傷でも耐久性を大きく損なう原因となります。転倒などでハンドルバーに傷を生じる事が考えられる場合は、ハンドルバーに保護材を巻きつけてご使用頂く事をお薦めします。
    ・多くのハンドルバーには中央部分にマーキングが行われていますが、多くの場合はマークは少しズレており、正確なハンドルバーの中央部分を示すものではありません。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。