トップ > TRIAL > 駆動系 > ペダル > ケージ > TRIALTECH - SL ケージ
駆動系 > ペダル > ケージ > TRIALTECH - SL ケージ
Brand Index > TRIALTECH > Drive Train > Pedal > TRIALTECH - SL ケージ

TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ
TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ
TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ TRIALTECH - SL ケージ
拡大画像

TRIALTECH - SL ケージ

厚み(ボディ):17.5mm | 厚み(ケージの山先端):25.5mm
幅:103mm | 前後長:83mm

重量[Weight]:296g
商品コード : is33c01
価格 : 12,500円(税込)
L2-5
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
TRIALTECHがプロデュースする軽量ペダル。

Try-allが開発したモデルでBONZ等も採用しているペダルですが、そのまま使わないのがTRIALTECH/Inspiredらしいところ。 下↓の写真でわかる通り、ペダルケージの外側の山を削り落としてます。
アイデアの出所はおそらくジャック・カーシー。軽量化中毒だった頃にジャック(か彼の親父さん)が削って使ってたのがそもそもの始まりだと思います。

「1gでも軽くしたい!」という軽量化志向で行っていた加工ですが、「ダニパラで高く飛んだ後、バイクを引き上げる動作の時にペダルの上で足を傾けた時の足の自由度が高い!」というのがInspired社がこのデザインを採用した理由。
確かに、ベニート・ロスなんかは目いっぱい高く飛んだ後は足の側面でペダルの上で踏ん張ってるので、場合によってはケージの外側の山が足に食い込んでたりするのかな?と思います。ベニート程極端でなくても、特にストリート派のビッグジャンパー達はペダルの上で足をズラしてるケースが多いし、そういう時には使い勝手の良いペダルなんだろうと思います。
自分じゃあんな跳び方も姿勢もできないので断言はできませんが…。




 


  • クランクとペダルの間には必ずワッシャーを取り付けてご使用下さい。
    ワッシャーを使用しない場合、クランクの変形やネジ穴の破損など、深刻な故障の原因となります。

    Full Marks - ペダル用 ワッシャー >>

  • ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。