トップ > STREET > フレーム > 20inch > ALIAS - 20.1
Brand Index > Inspired > Frame > ALIAS - 20.1
フレーム > Street 20 > ALIAS - 20.1

ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1
ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1
ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1
ALIAS - 20.1 ALIAS - 20.1
拡大画像

ALIAS - 20.1

カラーがグリーンからグレーに変更となって登場の【Alias】。
『ノーブレーキxトライアル』の可能性を追及し、ひとつのスタイルとして確立したライダー、イギリスのFlipp君が乗っているフレーム。日本のShintaro(大竹信太朗)もこのフレームでハードに攻めてるのが気に入られて本社からサポートされています。

もちろん、開発したのもプロデュースするのも【Inspired】ですが、【ALIAS・エイリアス】という別のブランドでのプロデュース。Inspired社長のDaveは何につけてもじっくり考えて追及するタイプなので、色々と想いを込めて【ALIAS】と名付けたのでしょう。
商品コード : is12eAL
価格 : 62,000円(税込)
L2-5
数量
 

62000

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
Flipp君のライディングを見ればわかる通り、目指したのは「ストリートxトライアル用20inフレーム」。BMXのテイストもたっぷりと取り入れつつ、「ストリートでやりたい放題乗りつくす&遊びつくす」というライダーさんに向けた特別なフレームです。

Flipp君みたいにノーブレーキで攻めるも良し、BMXホイールで組んでみるのも良し。もちろん、ブレーキを取り付けて、リアには19inのトライアルタイヤを履くのも良し。何ならBMXのハンドル&ステムで本格的にBMXっぽく仕上げるも良し。色んなスタイルにチャレンジしてほしいと思います。

「競技で勝つ」とか「1cmでも高い段差に上れる様に鍛錬する」っていうのがトライアルの楽しみ方であるのは確かだけど、そういう路線とはまた違ったアソビ方…。同じ障害物でも「自分なりのルーティンを作って技をつなぐ」とか、「ホッピングでのバランス修正をしないで走り切る」とか、「ブレーキを使わずにどうやって攻略するかを考える」とか、そういう楽しみ方もあるっていうのを改めて教えてくれるフレームだと思います。

Flipp君は飛ぶ高さも距離も尋常ではないですけどね。別に高さや距離を飛ばないポイントでも、何をやってても楽しそうに走ってるのは彼の動画を見てればよくわかるし、つまり高さや距離を飛べなくても、いくらでも楽しみ方やアソビ方はあるという事。多くのライダーさんにとって、彼のライディングから学べることはたくさんあると思います。もちろん、ブレーキは使っても良いと思いますよ。

また、ブレーキ外さなくても良いから、ブレーキを使わずに走ってみるのも一つの楽しみ方だし、有効なトレーニング方法。
「ペダル踏んでりゃダニエルする時にブレーキ強く握らなくても良いじゃん」っていう省エネや脱力の為の発見とか、タイヤと地面のコンタクトの感覚とか、バランスコントロールとか…、「覚えたらトライアルが格段に上手くなる」っていう大事な事をたくさん身につけることが出来ます。

Flipp君はただ楽しく乗ってるだけなのかも知れないですけどね。彼が作り上げたスタイル、彼が見せてくれてる事はとても素晴らしいものだと個人的には思ってます。
Flipp君に感謝。そしてこのフレームを作り上げたInspiredに感謝です。

Commentary
Inspiredからの新たな提案【ALIAS】。

「乗る事を楽しむ」「その場所を楽しむ」「スタイルを楽しむ」そんな遊び方を目指したフレームです。
「トライアル=どれだけジャンプできるか大会」みたいな流れが強い昨今のトライアル界においては希少な存在と言えるし、「大きく飛べないからつまんない…」というライダーさんの考え方を大きく変えてくれるフレームだと思います。

開発ライダーのFlipp君はノーブレーキスタイル。フレームにかかる負担が大きいので、素材にはアルミではなくCr-moを選択。信頼性を求めて日本製の高品質なCr-moパイプをする事で高い強度・耐久性を実現しています。<br />
1年半に及ぶテストを経て(ここらへんで手抜きをしないのがInspired !)、全てに合格点が出せたという事での堂々のプロデュースです。
 
パイプワーク
Cr-mo製という事で重量は少々重いけど、超ショートホイールベースのおかげで取り回しは抜群に軽いので、重量は全く気にならないはず。
ブンブン振り回せるし、BMXテイストでも乗れる。超ショートホイールベース&高すぎないB.B.位置のジオメトリーは、全てのトライアルライダーさんに新たな感覚を教えてくれると思います。
 
ヘッドチューブ
Cr-mo製の20inという事で、全体的にBMXライクな仕上がり。BMXのアイデアも所々に取りこんでます。

例えばヘッドパーツはBMXではおなじみの『インテグラルIS』、『ワン』を使わずにベアリングを直接フレームに取り付けるタイプです。
写真には写ってませんが、フレームにはヘッドパーツが付属します。
 
B.B.
BMXっぽいとは言いつつも、ベースとして考えるのはやっぱりトライアル。

軽いギア比でグイグイペダルを踏むトライアルならではの乗り方に対応するため=B.B.周辺のネジレを抑えてフレームをガッシリ作りこむために、B.B.後方にはプレートを溶接する事でボックス構造を形成しています。

B.B.にはBSA(ねじ込)を採用。
BMX用のCr-moクランクも使えるし、トライアル用のクランク&B.B.も使えるし…。セッティングの多様性を考えての選択ですね。
B.B.のパイプは開口部には厚みを残しつつ中央部分は外側から削りこんだパイプを採用。「削れるところはしっかりと削って重量減に努める」という姿勢が良いですね。
 
ブレーキ台座
ディスクブレーキ台座は、台座とリアエンドを一枚のプレートから削り出して成型した物。
Cr-moは硬いので加工にコストがかかるけど…。ディスク台座の精度やフレーム全体の強度・耐久性を考えてのこの構造なのでしょう。
一切手抜かり無し。これがInspiredのフレームです。
 

      
ホイールベース: 937mm
チェーンステー: 336mm (+10mm/-1mm)
B.B.ハイト: +65mm
ヘッドアングル: 73°
マニューバスペース: 586mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
  
ヘッドチューブ: 121mm
1-1/8 インテグラルIS
ヘッドパーツ付属
  
B.B.:

BSA(ネジ込) / シェル幅:68mm

   
リアエンド: 116mm / トラックエンド
     
ディスクブレーキ台座: インターナショナルスタンダード
リア用キャリパーを使用して160mmローターに対応  
  
重 量: 2,330g


 
  • ☆ストリート向けのフレームは頑丈に作られてはいますが、パイプは薄めになっている場合があります。強くぶつければ変形する事があり、凹みはクラック(割れ)の原因になります。ライディング中にフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、厚めのゴムやプラスチック/カーボンなどで保護する事を強くお薦め致します。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値を記載しておりますが、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。