トップ > TRIAL > ステアリング > ハンドルバー > Carbon > HASHTAGG - Carbone
Brand Index > #HASHTAGG > Steering > Handle Bar > HASHTAGG - Carbone
ステアリング > ハンドルバー > Carbon > HASHTAGG - Carbone
TRIAL > ステアリング > ハンドルバー > ライズ高め > HASHTAGG - Carbone

HASHTAGG - Carbone HASHTAGG - Carbone HASHTAGG - Carbone HASHTAGG - Carbone HASHTAGG - Carbone HASHTAGG - Carbone
HASHTAGG - Carbone HASHTAGG - Carbone HASHTAGG - Carbone HASHTAGG - Carbone HASHTAGG - Carbone
HASHTAGG - Carbone
拡大画像

HASHTAGG - Carbone

クランプ径[Clamp]:31.8φ
幅[Width]:720mm | ライズ[Rise]:55mm

重量[Weight]:202g


商品コード : ht21d01
価格 : 20,500円(税込)
L2-5
数量
 

20500

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
#HASHTAGGから登場のカーボン製ハンドルバー。

まず手に持って感じるのは55mmとやや高めのライズ。
「ハンドル位置を高くしたい」というライダーさんに向いているのはもちろんですが、このハンドルの意図としては、「ハンドルバーを前に倒した時にグリップ位置を遠く設定できる様に」と、ライズ高めの設定になっている様子。
曲げ角度にも工夫があって、ハネ上げ角度を極端に少なく、戻し角度を極端に強くしているおかげで、「極端な前倒しセッティングにしてもハンドルバーの先端が前方を向き過ぎない」という設定になってます。

2015年現在のトップライダーのセッティングに合わせたデザインと言えるでしょう。
(前倒しの恩恵は誰でも得られるわけでは無いどころか怪我の危険性もあるので安易に真似しない様に。)

写真を良くみるとわかるかと思いますが、ライズさせるためにハンドルバーが「うにょ」っと曲がった部分が、○真円では無くてウネった形状。飴細工をヒネって作った様な形状になっています。
このおかげか、ライズ高めなハンドルにありがちなハンドルバーのたわみが極めて少ない印象。元々カーボンのバーはアルミに比べて硬い印象だけど、一段とガチっと硬めに仕上がってます。

「独創的である」というのは、開発者としてはとても大事な要素。もちろん、ただ独創的なだけじゃなくて、ライディングや機材についての理解がないと、こういう製品は作れません。

やっぱりすげぇメーカーだな…と、改めて感じさせられる逸品です。


 

  • ☆軽量の代償として、強度・耐久性に劣るという事をご理解ください。
    ☆カーボンは傷に弱く、小さな傷でも耐久性を大きく損なう原因となります。転倒などでハンドルバーに傷を生じる事が考えられる場合は、ハンドルバーに保護材を巻きつけてご使用頂く事をお薦めします。
    ・多くのハンドルバーには中央部分にマーキングが行われていますが、多くの場合はマークは少しズレており、正確なハンドルバーの中央部分を示すものではありません。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。