トップ > TRIAL > 完成車 > 20inch Kid > CLEAN - S1 20in
Brand Index > CLEAN TRIALS 2.0 > Bike > CLEAN - S1 20in
完成車 > Trial キッズ > CLEAN - S1 20in
アウトレット > 完成車 > CLEAN - S1 20in

CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in
CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in
CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in
CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in CLEAN - S1 20in
拡大画像

CLEAN - S1 20in

アベル・ムスティエレス本人が「自身が乗りたい勝つためのバイク!」を求めて立ち上げた【CLEAN TRIALS 2.0】。当然、開発&プロデュースするのはハイエンドモデルが主だったけど、ブランドの立ち上げから数年が経過し、ハイエンドモデルの開発もひと段落した所でキッズモデルに着手。

アベル自身も子供の頃から熱心に乗ってきたし、一緒にCLEANを運営する彼の親父殿はアベル以上の熱意でバイクを整備したりカスタムしてきたので、キッズバイクへの想いも強いし蓄積したノウハウも膨大。
ムスティエレス家の想いと経験を終結させてプロデュースするのがこの【S1】です。
 

商品コード : cl11f20S192
価格 : 107,000円(税込)
数量
 

107000

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
少しでも価格を抑える為にパーツはお手頃価格な物でまとめたパッケージですが、フレームは肝入りのデザイン。長く使ってもらえる様にと無理な軽量化をせずに&このサイズのバイクに乗る子供達のライディングを考えたジオメトリー。

前後ともVブレーキ仕様だけど、フロントフォーク&フレームにはディスク台座が用意するなど、後々のカスタマイズも前提としたデザイン。「私はアベルの為に徹底的にバイクをイジって常に最高のバイクを作って来たから、あなた達にも最高の熱意をもって子供のバイクに接してほしい。」という、アベルの親父殿のメッセージである様に感じられます。

キッズ用モデルはいくつか市場に存在するけど、「熱意」と「ノウハウ」という面ではCLEANが突出してると思います。
「いつかは我が子にも世界で活躍してほしい」「成績はともかく、最良の機材を用意したい」と考えるお父さん達には是非オススメしたい一台です。
 
 
Commentary
純正状態では長めのステムが着いてるおかげで、純正状態では身長140cmのお子さんが乗って程よいサイズ感。 ステムを変更する事で身長130cm〜150cmのお子さんに気持ち良く乗ってもらえるバイクです。

キッズ用のバイクはどれもそうだけど、本格的に子供さんの体格にフィットさせるにはハンドルポジションとクランク長さ、ギア比の変更は必須。長めのステムとクランクは身長が伸びれば後々出番があるし、ギアも色々なサイズを持っておけば後々必ず役立つので、「子供が乗る物だから…」と妥協せずに最初から適正なサイズの物にカスタマイズする事を強くオススメします。
 
Frame
子供達が乗るフレームなら、もっと軽く作る事は容易。でも、軽くすれば子供の体重でもヨレが出るし、強度・耐久性も落ちる。
「最初の一台だからこそ、カチっと硬めでバランスが崩れにくい様に」「無理な乗り方でガンガン攻めても簡単には壊れない様に」と考えての程よい厚めのパイプの採用かな?という印象の仕上がりです。

リア周りは大人用と同じ長さ。B.B.位置は低めに。
子供達のライディングを理解してればこそのジオメトリーも良いですね。

 
Front Fork
フロントフォークはCr-moスチール製。
コストを抑える目的はもちろんだけど、強度・耐久性の面でのアドバンテージを考えるとCr-mo材の選択は有効。アルミ製のフォークに比べてかなり重めの仕上がりだけど、これがまた子供達の「身体全体を使って慣性を利用した段差上り」のテクニックを考えると、この重さもまた「これからトライアルを始める子供達」にとっては有効なスペックであると思います。

フロントフォークは肩下340mmとかなり短めのデザイン。こういう細かい配慮も好印象です。
 
Steering
ストレートなデザインに近い、ライズかなり低めのハンドルバー。 ハンドル操作のクイックさやダイレクト感は、操作方法や前輪の設置感覚を養うには有効なので、このバイクに適したスペックだと思います。
ステムはやや長めの物。お子さんの身長に合わせて短めの物に変更をオススメします。
 
Drive Train
クランク&B.B.には「スクエアテーパー」の物を採用。
クランクは155mmと、このバイクに乗る子供達が乗るには明らかに長めのサイズなので、お子さんの身長に合わせた適正なサイズへの変更を強くオススメします。
身長が伸びてくれば155mmのクランクもきっと出番があると思いますので。
 
Wheel
ハブはナット固定タイプの汎用品。リムも汎用品だけど、トライアルに十分な強度&耐久性を持ったモデルなので、まずはこのホイールのままガッツリと乗ってもらえればと思います。(リム側面のサンディング加工は必須です!)

タイヤも含めてかなり重量級のパーツが組みこまれてるので、後々軽量化を進めていくならホイールからですね。特別高価な物ではなくても、トライアルメーカーの物に変更するだけで大幅な軽量化が可能です。
 
Brake
ブレーキにはVブレーキを採用。レバーは子供達の手に馴染む小さめの物を採用するなど、「コストを抑えつつも、最良のスペックでお届けしたい!」というメーカーの想いが感じられます。
リム側面の小さな凸凹をサンディング加工で削って滑らかにしておけば、とりあえずは十分な制動力が得られると思うけど、より本格的なトライアルのテクニックに挑戦する段階に達したらブレーキシューの変更やワイヤー&ホースの強化を検討してもらえればと思います。



     
フレーム: CLEAN - S1 20
フロントフォーク: CLEAN - S1 20
     
Steering
ハンドルバー: 680mm / 31.8φクランプ
ステム: 145mm x 25°
ヘッドパーツ: 1-1/8 アヘッド
グリップ: CLEAN スポンジグリップ
     
Drive Train
クランク: 155mm スクエアテーパー
フリーギア:

16T 16ノッチ」

固定ギア:

14T

チェーン: KMC
チェーンテンショナー: マガタマ型
ペダル: プラスチック製 プラットフォーム
アンダーガード: CLEAN
     
Wheel
フロントハブ: ナット固定 32H
リアハブ: ナット固定 32H
リム: 20in ダブルウォール
タイヤ: 20x2.0
     
Brake
ブレーキ: Vブレーキ
     
完成車重量: 9.13Kg
     
パーツのカラー・スペックは予告無く変更となる場合があります。

     
ホイールベース: 920mm
チェーンステー: 350mm +15/-8mm
B.B.ハイト: +40mm
ヘッドアングル: 71°
マニューバスペース:

543mm

(ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
      
ヘッドチューブ: 110mm
   1-1/8 アヘッド
    
B.B.:

BSA シェル幅68mm

  
 アンダーガード:

Type O

     
リアエンド: 116mm / トラックエンド
   
Vブレーキ台座: ボルト幅 85mm
ディスクブレーキ台座:

インターナショナルスタンダード

リア用キャリパーを使用して160mmローターに対応
     
重 量:

1,465g (フレームのみ)

     

  • ☆フレームは薄めのパイプを使用しています。ちょっとぶつけただけでも打ちどころが悪いとヘコむ場合があり、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、特にダウンチューブとチェーンステーは、ぶ厚いゴムやプラスチック・カーボンなどで保護する事を強くお薦めさせていただきます。
    ・この車輌は初期状態では公道を走行出来ません。公道を走行する際は前照灯や反射板の装着等、お客様の責任にて法令に則した状態にしてからご使用下さい。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面・モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。