トップ > TRIAL > フレーム > 20inch > BORN - MOON 20
Brand Index > NEON > Frame > BORN - MOON 20
フレーム > Trial 20 > BORN - MOON 20

BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20
BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20
BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20 BORN - MOON 20
BORN - MOON 20 BORN - MOON 20
拡大画像

BORN - MOON 20

NEONが展開するコンセプトブランド【BORN】から登場のモデル【MOON】。
「ダウンチューブ&トップチューブを1本のパイプで構成するタイプのフレームを作りたかったのはわかるけど、何もそこまであちこち真似せんでも…」、と思ってしまいますが…。
大きくカーブしたメインパイプに加えて、あちこちに削り出しの部材を使って作り上げたNEONの新境地です。
商品コード : no12fBNMN20
価格 : 62,000円(税込)
L2-5
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Color

選択
Black
Silver

62000

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
ウネったメインパイプの造形に合わせて、リア周りも背が低めのペタっとしたデザイン、おかげで何かの生物の様な独特のシルエットに仕上がってます。

パイプは相変わらず、NEONらしいしなやかさを持った素材の様子。前方はメインパイプ1本&シートステーが長めのこのデザインなら一段としなやかさが強調されて、小さな動きでもヒョイヒョイ進むフレーム特性が想像できますね。
「人とは違うフレームに乗りたい!」「変形フレームLove!」というライダーさんはもちろん、「体力無いから楽に動いてくれるフレームが良いなぁ」というライダーさんにも是非乗って頂きたいフレームです。
 
Commentary
本家【NEON】ブランドはこれまでの技術や経験を活かした製品を。【Because】ブランドはお手頃価格で。対して、新たな技術を取り入れた斬新な製品の開発を行うのが【BORN】ブランド。NEONではブランドを分けてそれぞれの路線での進化や変化を進めてます。
トライアル車は部品点数が少ないし、サスペンションも無いのでフレームの造形を工夫しようにもなかなか新しいアイデアが出てこない…。他社のアイデアを模倣するのはよくある事だけど、それにしてもOZONYSそっくりですねぇ…。
(誤解の無い様に書いておきますが、トライアルに限らずMTBだってBMXだって、パクりパクられパクり合いであるのが現実です。)
 
パイプワーク
大きくウネたメインのパイプが目を引きますが、細かい所にも試行錯誤の跡が見られます。
メインパイプとシートステーの接合部分には削り出しの部材を組み合わせたり、シートステーのパイプに特殊な形状の物を使用する事でメインパイプとの接合面積を大きく確保してます。
メインパイプとシートステー、チェーンステーをつなぐ三又のプレートの接合方法も、「極力コストをかけずに、それでも求める造形を」と腐心しているのがよくわかるデザインです。
 
ヘッドチューブ
ヘッドチューブは多くのメーカーが採用する『1.5テーパー』=上側は通常の1-1/8"で、下方が1.5"のデザインですが、ECHOが採用する『インテグラルIS』=ワンを圧入せずに、ベアリングを直接フレームに取り付けるデザインを採用しています。

軽量化の為の穴開け加工にも余念がなく、前方はもちろん内側のメインパイプとの接合部分にも凝った形状の穴をあけてます。
それにしても…。この穴の形状が変●仮面の顔に見えて仕方無いです。嘘だと思うなら目を書いた紙をヘッドチューブの内側に差し込んで下さい。ひとしきり笑えます。
 
B.B.
B.B.はオーソドックスなBSA(ネジ込式)を採用。
26inの様な『ヨーク』は使わず、チェーンステーのパイプをB.B.のパイプに直接溶接する20inとしては定番のデザインですが、上方には3つ又のプレート&下方にはB.B.パイプと左右のチェーンステーを接続するプレートを溶接する事で、ペダリングの力でフレームがヨレにくい様にと配慮されています。

B.B.パイプにはセパレートタイプのアンダーガードの台座が用意されてますが、この台座、よくよく見ればB.B.パイプと一体で削り出されてます。チョイチョイっと台座を溶接すれば済む話ですが、手間暇かけてこういう所を作り込む所に、BORNブランドにかけたNEONの意気込みが感じられますね。

 
ブレーキ台座
リアエンドにはポストマウントのディスクブレーキ台座。滑らかな曲線で仕上げた削り出しの部材がシートステーに溶接されています。
 
リアエンド
ここまで真似せんでも…という雰囲気。元ネタのOZONYSを模した2ピースタイプのチェーンテンショナーに対応するリアエンドプレート。
内側のプレートにイモネジが仕込んであって、このイモネジを回す事でテンショナーの前後位置を調整。しっかりとチェーンを張ったら、ボルトを締めこむ事でチェーンテンショナーを固定します。
チェーンテンショナーのボルトにはチタン製の物を奢るなど、徹底した軽量志向がいかにもBORNブランドっぽいです。

      
ホイールベース: 995mm
チェーンステー: 350mm (+10mm/-2mm)
B.B.ハイト: -90mm
ヘッドアングル: 74.5°
マニューバスペース: 610mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
ヘッドチューブ: 115mm / ヘッドパーツ付属
1.5 テーパー インテグラルIS
  
B.B.:

BSA(ネジ込) / シェル幅:68mm

   
リアエンド: 116mm / トラックエンド
   
ディスクブレーキ台座: ポストマウント
160mmローターに対応
  
重 量:

1,618g(アンダーガード含む)

   


 

  • ☆製品により差異はありますが、NEONの製品の仕上げは良好とは言えません。
    塗装やアルマイトの不均一や傷、切削加工のバリ等がございます。ご了承の上ご用命下さい。
    ☆各部のパイプは比較的頑丈な物を使用していますが、それでも強くぶつければヘコむでしょうし、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、プラスチック/カーボンなどで保護する事をオススメします。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値を記載しておりますが、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面/モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。