トップ > TRIAL > 完成車 > 26inch > CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017]
Brand Index > CREWKERZ > Bike > CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017]
完成車 > Trial 26 > CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017]

CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017]
CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017]
CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017]
CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017]
CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017] CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017]
拡大画像

CREWKERZ - JEALOUSY26 [2017]

 スルーアクスルのハブシャフトや、スプリング式のチェーンテンショナー等、ATOMZ時代から続く独自路線のアイデアに、1.5テーパーのヘッドチューブやAS30クランクセット等の新しいアイデアを盛り込んでプロデュースした前作【Cleep】。 熟成されたCleepのスペックはそのままに、フレームを一新して登場の新作【JEALOUSY・ジェラシー】です。

商品コード : ck11f26JL
価格 : 318,000円(税込)
L2-5
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Size

選択
S×売り切れ
M×売り切れ
L

318000

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
フレーム&フォークのカラーが前作のブラックからシルバーグレーに変更となりましたが、パーツスペックには変更はありません。
フレームのジオメトリーも S&Mサイズは変更無し。Lサイズのみ、ワークスライダーであるJack Carthyの好みに合わせて数mm単位で少しだけアレンジされてます。

これだけのバイクを作り上げておいてホイホイとモデルチェンジする必要も無いし、ワークスライダーを含め多くのライダーさんに気に入ってもらってるので継続してのプロデュースです。

---------------------------------------------------------------------------------------

1.5テーパーのヘッドチューブ、オフセットしたB.B.パイプや、シートステーとB,B,をつなぐ2本のパイプなど、フレームの基本的な構造はCleepと同様ですが、各パイプに異形パイプを使う事で更なる境地を求めたフレーム。 Cleepが既にある程度完成されていただけに、期待度も高いですね。

ワークスライダー達のライディングがYoutube等の動画配信サイトで確認出来ます。
Jack Carthyは動きが軽快すぎてちょっとわかりにくいけど、ドイツのHannes Herrmannのライディングを見ると、このバイクの安定感とレスポンスは十分に理解してもらえると思います。
ダニエル状態とか、大きく飛んだ後のバイクのヨレの少なさとか、大きく跳び出す時のバイクの動きをが別格なのが動画だとよくわかると思います。

フレームは3サイズ。リア周りの長さは共通だけどフロント・センター長が10mm違いで細かく設定されてます。体格に合わせて、またライディングスタイルや求める乗り味に合わせて細かく選べるのは嬉しい限りですね。
ほとんどのパーツは前作Cleepと共通。ホイホイと身勝手なモデルチェンジを行うメーカーでは無いので、「特殊なパーツが多いから、ちょっと心配…」と思っていたライダーさんも、そろそろ信頼に足るメーカーである事は理解してもらえたかなと思います。
アイデアと実行力=開発力に加えて、ユーザーさんを大事にする希少なメーカーですよ。

Frame
独自路線を突き進む【CREWKERZ】。

多くのメーカーが軽量化に狂う中でも「軽量化より大事な事がある」という信念を曲げず、ATOMZ時代から数えて6代目のハイエンドモデルがこの【JEALOUSY】です。
軽量するよりガッシリ感を求めたフレームやフロントフォーク、1.5テーパーのヘッドチューブやBB30のクランクセット等、今となってはいくつかのメーカーが追従しているアイデアを真っ先に手掛けてきた事が、CREWKERZの先見の目と開発力を物語っています。

ホイールベースの異なる3サイズを用意してくれているのは【Cleep】と共通。特にホイールベース1065mmとかなり短めのSサイズの存在は希少です。
ATOMZ時代に開発ライダーとして参加していた【Marc Caisso】が小柄であったことも影響してるのでしょう。戦闘力うんぬんを考えればホイールベースが長いのは確かに有利だけど、楽しく乗れる短いサイズは日本人に適したサイズだと思ってます。

そもそも硬めのフレームを望むCREWKERZだけに、あちこちに異形パイプを採用したこのJEALOUSYはCleep1の頃の様なゴチっとした硬さを追及したであろうことは容易に想像出来ます。 もちろん、単純な硬さだけでなく、ペダリングへの反応=レスポンスの追及も余念が無い様子。B.B.とシートステーをつなぐ2本のパイプは、Cleepでは左右で大きく形状が異なっていたのを、左右対称に近い形状にアレンジされています。
 
Front Fork
「軽量化することより、ライダーの力を逃がさない事の方が大事!」という事で「ガッシリ感」を求めた作りは相変わらず、ゴッツリしたストレートブレードのフロントフォークを採用しています。

もちろん、トライアル界では率先して採用した『1.5テーパー』を採用。コラム下部とヘッドチューブの下側が太くなったデザインのおかげで、わずかな重量増で各段にガッシリ感を増しています。

前後リムブレーキのモデルは、HS台座周辺にガセット(補強)プレートを溶接。ブレーキングの力を逃がさないだけでなく、ディスクブレーキに比べて大きな負荷のかかるショルダー部分を強化しています。

 
Steering
ハンドルバーも自社のパーツシリーズ【WAW(Wild & Wired)】のモデルを継続して採用。
20mmライズという、ストレートに近いデザイン。ライズが高くなればなるだけたわみも出るし、たわみがライダーの入力を損なうのは明白。
一貫したコンセプトと、ひとつひとつのパーツの膨大な知識と深い理解が感じられます。

ステムにはWAWの145mmのモデルを採用。ライズの低いハンドルバーとの組み合わせのおかげで、グリップ位置が遠すぎないセッティング。
他メーカーでは見られないセッティングなので「これで良いの?」と不安になるかもしれませんが、まずはこのままのハンドル位置で乗ってみてほしいですね。

不思議な安定感と、ややこしい状況でのスムーズな体の動き。「こういう解釈もあるのか」と納得してもらえると思います。
好みや体格に合わせて後々ハンドルポジションは変更する事になると思いますが、ポジションを考える時のスタンダートとして、このポジションは有用であると思います。
 
Drive Train
クランクセットはCREWKERZが開発した【AS30】という規格のモデル。ベアリングがフレーム内に収まる事で強度・耐久性が向上するし、B.B.に相当するシャフトも30mmの極太アルミ製。ライダーの力を逃さないのはもちろん、強度・耐久性の面での安心感は大きいですね。

フランスのナショナルチームのメカニックを長年務めるなかで経験してきた「このタイミングでこんなトラブル、起こるか?!」というやるせなさが、「ライダー達に同じ思いをしてほしくない」という想いになり、トラブルを起こしにくい製品開発に反映されているのだと思います。

チェーンテンショナーもスプリング式の物を継続して採用。フレームにマウントする事でライディング中に障害物にぶつける事を避け、ぶつけても壊れにくい様に配慮されたモデル。
「常にチェーンに良好なテンションがかかり宇続ける事」、繊細なライダーさんほど、このメリットが理解できるはずです。どれだけノッチ数の多いフリーギアを使っても、チェーンがたるんでたらフリーギアの性能は発揮されないので。
 
Wheel
前後のハブには『スルーアクスル』シャフトを採用。太目のシャフトで左右のフレーム/フロントフォークとハブを固定する構造です。
例えば、トラックエンドの一般的なフレームではしょっちゅうチェーンテンショナーが緩みますが、それはつまりライディング中にリア周りが大きくネジれている事であり、ライダーの力が失われているという事。
スルーアクスルの採用により、左右のフレーム/フロントフォークが確実に接続されるのでガッシリ感が格段に向上。ライダーの入力が失われにくく、ダイレクトに跳ぶ力として伝わります。
また、フレーム/フロントフォークがヨレヨレしないという事は、クラックも入りにくいという事。強度・耐久性の面でも大きなアドバンテージが得られます。

タイヤは自社のアイデアを持ち込んでVee Rubberで作成した【WAW Edition】、現代のトライアル、それも競技での使い勝手を考慮したモデルです。
細かい所も妥協無し。タイヤの様に大がかりな所も妥協無し。この情熱、ただただ感服するばかりです。
 
Brake
ブレーキにはMAGURA HS-33を採用。ブレーキシューはMAGURA純正ではなく、「サンディングしたリムに対して威力を発揮する」モデルに変更してくれてます。
リムブレーキのクランプはWAWの「ピロボールを使用するタイプ」を使っているのも好印象ですね。
軽量化も良いけど、ピロボール無しじゃブレーキシューのセッティングが出しにくいし、セッティングが不十分なブレーキでのる事と数グラム軽くなるのと、どちらが合理的かは考えるまでもありません。

左右のスレーブシリンダーをつなぐ『ブリッジホース』をフレームに固定するためのクリップもCleepから継続して採用。
「競技中に引っかかって切れたら、危険な上に色んなものを損なう。ブレーキを交換できたとしても、飛び散ったオイルがホイールにかかったら、競技に復帰するのに膨大な時間を要してしまう。」
数々のトラブルを目の当たりにして、ライダー達と一緒に悔しい思いをしてきたからこそのアイデアですね。
 
Guard
AS30クランクセット用にデザインした反周タイプを標準装備。ペダリングによってズレる事が無い様にちょっとした工夫が施された秀逸なデザインです。 「何かあったら反対側をぶつけそう…」という心配が無用であることは、一度この反周タイプで乗ってみればわかります。
フリーギア自体、ちょっとぶつけただけで壊れる様な物ではないですしね。心配せずにガンガン乗ってもらえればと思います。
     
フレーム: CREWKERZ Jealousy
フロントフォーク: CREWKERZ - WAW 1.5テーパー
   9mmスルーアクスル
  
Steering
ハンドルバー: CREWKERZ - WAW アルミ
ステム: CREWKERZ - WAW 145mmx25°
ヘッドパーツ: CREWKERZ - WAW テーパー
グリップ: CREWKERZ スポンジグリップ
     
Drive Train
クランク: CREWKERZ - WAW AS30 175mm
フリーギア:

CREWKERZ - WAW 18T 108ノッチ

固定ギア:

CREWKERZ スプライン 15T

チェーン: KMC - 610
チェーンテンショナー: CREWJERZ - WAW スプリング式
ペダル: Wellogo - マグネシウム
     
Wheel
フロントハブ: CREWKERZ - WAW
リアハブ: CREWKERZ - WAW
リム: CREWKERZ F:28H/R:32H
タイヤ: Vee Rubber
Brake - Rim
ブレーキ本体: MAGURA HS-33
ブレーキクランプ: CREWKERZ ブレーキクランプ
  
完成車重量: S/M/L
---/---/9.05kg
    
パーツのカラー・スペックは予告無く変更となる場合があります。

   S/M/L
ホイールベース: 1,065 / 1,075 / 1,088mm
チェーンステー: 380 / 380 / 382mm
B.B.ハイト: +65mm
ヘッドアングル: 72°/ 72°/72.3°
マニューバスペース: 656 / 663 / ---mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
  
ヘッドチューブ: 130mm

上:1-1/8 インテグラルZS 

上:1.5 インテグラルZS 
  
B.B.:

AS30(PF30)

   
リアエンド: 135mm / 12mm スルーアクスル
     
ブレーキ台座:

HS台座

ボルト幅:100mm




 

  • ☆フレームやフロントフォークはかなり頑丈なパイプを使用していますが、それでも強くぶつければヘコむでしょうし、ヘコみはクラックの原因になります。
    トライアルライドの中でフレームをぶつけないというのはまず無理だと思うので、プラスチック・カーボンなどで保護する事をオススメします。
    ・この車輌は初期状態では公道を走行出来ません。公道を走行する際は前照灯や反射板の装着等、お客様の責任にて法令に則した状態にしてからご使用下さい。
    ・製品の仕様と価格は予告なく変更となる場合があります。
    ・写真の色味では、肉眼で見る色味を完全には再現出来ません。ご利用頂いている画面・モニターの具合により、実際の商品の色味と大きく異なって見える場合がございます。
    ・あらゆる部品の取り付けや調整には知識と経験が要求されます。また、製品の本来の性能を維持する為には頻繁に確実な整備と調整を行う必要があります。ご自身での整備と調整が困難な場合は、お近くの販売店様にてご購入頂く事を強くお薦め致します。