トップ > STREET > フレーム > 20inch > ION 20
Brand Index > C-zar > Frame > ION 20
フレーム > Street 20 > ION 20

ION 20 ION 20 ION 20 ION 20 ION 20 ION 20 ION 20 ION 20 ION 20 ION 20 ION 20 ION 20
ION 20 ION 20 ION 20 ION 20 ION 20
ION 20 ION 20 ION 20 ION 20 ION 20
ION 20 ION 20
拡大画像

ION 20

ECHOが展開するストリートxトライアル系ブランド【C-zar】。

ストxトラがやたらと盛り上がってる中国のトライアルシーンに合わせて登場の20インチがこちらの【ION 20】。テストモデル2本のうちの1本はちゃっかり社長が自分の息子に乗らせてたので、「自分の子供にもトライアルを楽しんでほしい!」という想いが詰まってるのは間違いないですが、あくまでもコンセプトは『大人のオモチャ』です。

ちなみに、写真ではブラックに見えますが、カラーは濃い目のグレーとなります。
 
商品コード : ec12CZf20ION
価格 : 46,000円(税込)
L3-5
数量
 

46000

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてつぶやく
「ストリートxトライアルには24インチ!」

という常識というか、定番を作り上げたのはInspiredの偉業。実際に扱いやすいし、世界中のライダーが愛用&多くのメーカーが24inのバイクをプロデュースするに至りました。
でも、どんどんストxトラがBMX寄りに進化していく中で、「これって20インチでも良いんじゃない?」と志向が変わるライダーさんも出てきて当然。回転する事、振り回す事を考えるならバイク自体がコンパクトな方が適しているのは間違いないですからね。

もちろん、ホイールが小さくなる分安定感は損なわれるので、「どちらが良い」とは一概には言えませんが、小柄なライダーさんや「とにかくブンブン振り回したい」というライダーさんには20インチが良いかと思います。

『ストリートxトライアル』はまだまだ完全に確立されて無いジャンル…、そもそも完成形なんて存在しない自由なジャンルだと思うので、「こんな乗り方してみたい!」とか「こんな風に乗ったら楽しそう♪」と思う事にどんどんトライしつつ、自身のスタイルの追及してほしいと思います。
 
Commentary
InspiredのFlipp君の影響は少なくないと思いますが、それにしても「20inでストリートxトライアル」というスタイルが結構流行している中国のトライアルシーンに対応するために登場の【ION 20】。

程よく短いホイールベース&高すぎないB.B.位置のジオメトリーはInspiredのALIASをお手本にしている用ですが、アルミ製で軽量に仕上げてくるあたりがECHOらしいですね。

トライアルのテクニック、特に静止状態から飛んだり回ったり…という動きを考えると軽さは大きなアドバンテージ。キッズ達の本格的なトライアル練習機としても高いポテンシャルを持ったフレームだと思います。
 
パイプワーク
ECHOが展開する4ブランドの中でも特にシンプルなのが【C-zar】。 三角形を二つつなげた、いかにも自転車然とした形状のフレームです。 結局ね、この形が強度・耐久性の面ではベストだし、素材やパイプの特性も生きてくるんですよね。

フレームサイズ(=シートチューブ長)はやや長め。
20inなら少々長めでもライディングのじゃまにはならないし、何よりシートチューブを長くしておけば、それだけ長いシートポストを収納出来ます。

「息子と一緒にサイクリング♪良いポイントを見つけたらトライアルの練習!」という、社長自身のの希望を実現するために、サドルに座ってシャカシャカ走れる様にとデザインされている様です。

 
ヘッドチューブ
1.5テーパーのヘッドチューブが流行してるけど、IONは従来のOS(1-1/8)サイズを継続。余程ハードに乗りこまない限り、このサイズでも強度・耐久性には問題ありません。

ヘッドパーツはベアリングを直接フレームに取り付ける『インテグラルIS』、ECHOの定番規格です。
 
B.B.
ベアリングをフレームに直接取り付けて使用する『スパニッシュ』もまた、ECHOのフレームの定番。
従来のBSA(ネジ込)に比べてベアリングを大型化出来るので、強度・耐久性に優れたスペック。

フレームにはCr-moシャフトのB.B.が付属します。
 
ブレーキ台座
インターナショナルスタンダードのディスクブレーキ台座は、リア用のキャリパーを使用して160mmローターに対応。
台座の前方にはガセットを入れたり、シートステーとチェーンステーを削り出しのプレートでつないだりと、強度・耐久性の向上はもちろんで、ライディング中のヨレを防止する効果を狙ったデザインです。
 
リアエンド
ECHOの定番であるイモネジ式のチェーンテンショナー内蔵のリアエンドブロックを採用。チェーンの細かいテンションの調整も可能で整備性も良好です。

シートステー&チェーンステーとベッタリと接合しつつもゴツすぎないデザインなので、フレームに適度なしなやかさを持たせる事にも貢献してくれます。


      
ホイールベース: 938mm
チェーンステー: 338mm (+5/-5mm)
B.B.ハイト: +65mm
ヘッドアングル: 73.5°
マニューバスペース: 610mm
    (ヘッド上面からB.B.中心までの距離)
トップチューブ: 540mm
フレームサイズ: 220mm
  
ヘッドチューブ: 110mm

1-1/8 OS インテグラルIS

  
B.B.:

スパニッシュ / B.B.付属

   
リアエンド: 135mm / トラックエンド
     
シートポスト径: 27.2mm
シートクランプ径: 31.8mm
     
ディスクブレーキ台座:

インターナショナルスタンダード

リア用キャリパーを使用して160mmローターに対応
重 量:

1,921g(B.B.含む)

1,600g(フレームのみ)
  


 


  • ☆製品により差異はありますが、ECHOの製品の仕上げは良好とは言えません。  金属加工の面では優秀なのですが、アルマイトが不均一であったり加工跡が残っている場合がございます。ご了承の上ご用命下さい。
    ・ホイールベースとB.B.値はメーカー公称値、その他は極力実測値を掲載する様努めております。
    ・メーカーの公称値はあくまでも「この数値を目指して作りました」という指標であり、必ずしも正確とは限りません。
    ・メーカーによっては個体差が大きく、各数値に少なからず差が生じている場合があります。また、ジオメトリーは予告なく変更となる場合があります。